あしたもたべたい。

旅と写真と創作と人形と。"榮國商會"という名前で1/3ミニチュアを不定期ヤフオク出品中。最近はゲームばかりやっております。

30
2015

たけやぶやけた。

【本日のものづくり】

久々の榮國商會。

minihataki1.jpg

1/3ミニチュアはたき。
「まずは軽いものから〜」とか言っていたものの、全然軽くなかったヨ(鼻血

[苦労ポイントその1:竹]
軸部分は本物の竹を使っているのですが、これを手に入れるのに随分難儀致しました。
ホームセンターで売っている竹は直径が大きいので、どうしてもあの華奢なはたきのフォームが出せず。
インターネットで検索してみたところ、細い竹を扱っていそうなオンラインショップを見付けたは見付けたのですが、やはり本体を1本1本確認して買いたいです(あと送料が本体の50〜100倍くらいかかるってなア...

どうしたものかと考え込んでいたところ、じいちゃん(ひとのお菓子を勝手にもしゃもしゃ食べている)が目に入ったので、何気なく聞いてみたところ...


エッカルタ「細い竹売っているところ知らない?」
じいちゃん「知っている」


流石じいちゃん。
聞いてみるもんだネ!!

じいちゃんに教えてもらった竹屋(割とご近所だった)に行き、無事細い竹をゲット(喜
早速家に帰って洗浄、切断をしたのですが、ここで新たな問題発生。

「竹の色、やっぱり暗い方がいいなア...」

買ってきたのは、お店で1番細かった白っぽい竹。
別にこのままでも良いと言えば良いのですが、何となくはたき=茶か黒の軸というイメージがありまして...
...ということで、無謀にも知識ゼロで竹の着色にチャレンジ。


■実験その1「とりあえず、そこら辺にあったオイルステインを塗ってみる」
結果:染まる気配なし(失敗)

■実験その2「ラッカーで塗装してみる」
結果:ラッカーがなかった(実験せず)


さて、どうしたものか...
......
そういえば、古民家で煤竹(囲炉裏の煙で長期間燻された竹材)ってあるよなア...

......!!


■実験その3「コンロで炙る」
結果:炭化(失敗)


竹炭が出来たヨー(馬鹿
少し火力が強過ぎたようですが、ベクトルは間違っていないような...
......
......!!


■実験その4「魚焼きグリルで焼く」
結果:上手に焼けました(成功?)


焼き方もあれこれ試してみて、良い感じに色むらをつける方法を発見しました(危ないかもしれないので、善い子はくれぐれも魚焼きグリルで竹を焼かないように
家の中が古民家の香りになったヨー(鼻血

この後磨きや加工を施して、軸部分完成です。
ふうい...


[苦労ポイントその2:布]
当初、布は羽二重を採用しようかと思っていたのですが。
羽二重が手に入らなかったので、色々触ってみた挙げ句、裏地用のデシンをチョイス。
鬼の様にほつれるので1枚1枚ピケどめが必要なのが鬼門ですが、適度に柔らかい質感と光沢が気に入っております。


minihataki2.jpg

手に持つとこんな感じ。
一応実際にはたくことも可能。


minihataki3.jpg

シンプルなつくりですが、竹加工や釘打ち、布のほつれどめなど思いの外工程が多く、手間が見た目に見合わない問題作になりました(死亡
まあ、出来自体には満足しているので、結果オーライ。
面白けりゃあ、なんだって構いません。


そういえば随分前にどるひぃ用の割烹着を買ったので、早速持たせてみようかと思います。
...ああ、どうせならバケツと雑巾も欲しいなア...