あしたもたべたい。

旅と写真と創作と人形と。"榮國商會"という名前で1/3ミニチュアを不定期ヤフオク出品中。最近はゲームばかりやっております。

20
2011

伊達じゃない旅【仙台編その1】。

CATEGORY旅行。
皆様こんにちは。
随分寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

ちなみに私、この前の土日は新幹線で仙台に初遠征(乗り換えでしかおりたことがない
限られた時間しかなかったのですが、仕事の合間にちまちまと観光してまいりました。


それではいつもの小旅行記。
はじまりはじまりです。


sendai1.jpg

東海道新幹線の車窓から。
久々にきれいな富士山を拝むことができました(大体通路反対側の席、天候不順、日没後のどれかで見られない
名古屋を朝出発し、仙台駅についたのはお昼前(3時間半でついてしまったよ!!
ホームに降り立つと、確かに名古屋よりは断然寒いのですが、まだ何とかなる程度の体感気温です。


この時点ではね


まあ、何はともあれまずは腹ごしらえ...ということで、新幹線改札口のすぐ横にある牛たん通りでお昼ご飯をいただくことに。
やはり仙台に来たら牛タンは食べておきたいよネー、ということで。
とりあえず目に入った、たんや善治郎さんというお店に入りました。


sendai2.jpg

たんや善治郎さんの牛タン定食。
仙台ではこんな分厚い牛タンをいただくことができます。

一瞬怯むようなボリュームでしたが、全くしつこくないお味だったので難なく完食。
もちもち歯ごたえの牛タン。
一緒についてきたテールスープととろろも美味しかったです。
ごちそうさまでありましたー(満足


さて。
おなかも一杯になったので、そろそろ観光に出発。
見どころは沢山あるらしいのですが、何せ半日しか時間がないので、まわれる箇所は限られます。
ううむ、どうしたものか...


とりあえず地図を眺め、「ここだけは行っておきたいね」という場所を1ヶ所選定。
仙石線で一駅、やってきたのが...

sendai3.jpg

仙台市歴史民俗資料館

仙台と言えば、陸軍第二師団。
この資料館の建物は、もとは歩兵第四聯隊の兵舎として使われていたもので、その後米軍が駐留したり、警察学校として使われた歴史を持つ、宮城県内に現存する中で最も古い洋風木造建築物です(2階建て寄棟造瓦葺の漆喰壁。明治初期竣工。仙台市有形文化財指定

明治村にある歩兵第六聯隊兵舎の造りと似ていますね。
当たり前だ。


sendai4.jpg

白漆喰に隅石が映える。


sendai5.jpg

外観を堪能したら、いよいよ中へ。


sendai6.jpg

建物内部。
“窓口が高くて申し訳ありません”という旨の張り紙が笑いを誘います(誘われるのは私だけですか
いいよ、全然構わないよ!!(でも確かに高い


sendai7.jpg

展示は“仙台地方の農具と農家のくらし”、“仙台町場のくらし”、“旧四連隊”のテーマでわけられております。
正直なところ建物と第四聯隊関連目当てで来たのですが、他のテーマも面白いのなんの。
藁靴デザインのバリエーションの多さに感心したり、古い教科書の中身に目を輝かせたりと、終始全力で見学しておりました(教育関連展示の充実っぷりが素敵

ちなみに館内は嬉しい写真撮影可能(窓口で確認したところ、気持ちよくOKをいただけました
お言葉に甘えて、貴重な展示物をおなかいっぱい撮影してまいりましたヨ。


sendai8.jpg

巨大な松川だるま。
縁起物。


sendai9.jpg

おいしそうな大根飯の展示がある資料館は、他になかなかないはず。


sendai10.jpg

こちらは特別展の「昭和の仙台・街とくらし」(良い時期に来たね
高度経済成長以前。


sendai11.jpg

高度経済成長到来。
解り易い展示です。


sendai12.jpg

これ、小さい頃家にあったな。


sendai13.jpg

最後にやって来たのが、内務班ブース。
反対側には戦時資料などが展示してあります(こちらも興味深い紙モノがあったりして、狭いものの見応えあり
ホーホケキョとかやらないように。


sendai14.jpg

おおー。


sendai15.jpg

窓口で復刻版の古地図2枚と絵葉書2セット。
そして特別展の図録を購入して、資料館見学終了。

ここでふれた以外にも面白い展示が多々ありましたが、それは実際にみてのお楽しみ、ということで。
仙台市歴史民俗資料館。
近・現代好きにはたまらない、エッカおすすめの場所です。


sendai16.jpg

さて、日没までもう少し時間があるので、別のところに行きましょうか。


(つづく)